天鳳プレーヤー及びLivetube動画配信者の小室が色々と。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Edit --:-- | Top

2006年・冬。

AM2:30。
煙草が切れた。
5時には自販機が動き出す。それまで我慢だ。
2時間半も我慢できないほど煙草に染まっているわけではない。


部屋には煙草の空き箱とゴミが散乱している。
ティッシュで山盛りになったゴミ箱は、すでにその機能を果たしていない。
寒くて鼻水が出てくる。
すっかり定位置に落ち着いているティッシュ箱に手をかける。
鼻をかむ。
丸めてゴミ箱に投げる。
ティッシュはゴミ箱の山頂に当たり、転げ落ちた。


AM5:00。
財布から小銭を適当に取り、帽子をかぶる。
伸びてボサボサになった髪の毛を整えるにはこれで十分事足りる。

外に出る。
まだ空は暗い。冬至はもうすぐだ。
この時間はいい。
人通りも少なく、周りの目を気にしなくていいからだ。

自販機で愛用の煙草のボタンを押す。
ふと隣のジュースの自販機が目に止まった。
コールド製品とホット製品の割合が半々になっている。
ついこの間までは全部コールドだったのに。
時の流れは早いものだ。

そんなことを考えながら、いつも飲んでいるカフェオレのボタンを押す。
この自販機はホットの設定温度が高い。
缶は1秒も持っていられない熱さだ。
その熱が、冷え切った手を温めてくれる。


部屋に戻り、煙草に火をつけ、カフェオレを流し込む。
胃に暖かい感触が広がる。
思えば、最後に食べ物を口にしたのはいつだったか。
昨日?いや一昨日か?
時間の感覚が麻痺している。


最後にシャワーを浴びたのはいつだ?
最後に人と会ったのは?
最後に言葉を発したのは?



急に、自分と世界の境界線が揺らぐ。
輪郭がぼやける。



自分とは何だ。
どこからどこまでが自分なのか。
わからない。
わからなくてもいいかという気分になる。




ああ、こうして人は還って行くんだなと不意に感じた。
スポンサーサイト

Edit 00:07 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

殺意。

「死んでもらった方がいい」

憎々しげに男はそう言った。


*****


約四半世紀、長くも短くもないこれまでの人生において、
誰かに対して「殺したい」「死んで欲しい」と思ったことは何度あっただろうか。

記憶を辿ってみると、
思い当たったのは中学生の時。

柔道部に所属していた僕は、
内気な性格も相まって、先輩達の格好の餌食だった。
顧問教師の目が届かない所で、見よう見まねのプロレス技をかけられ、
激痛に耐える日々を送っていたと記憶している。
体育会系のノリが苦手になったのは、この経験のせいかもしれない。

「痛くねえだろ?」
『・・・っ、はい、大丈夫です』
ストレスのはけ口も無く、
いつまでも続く苦痛。
でも柔道は好きだったから、「辞める」という選択肢はなかった。

『(先輩が)親の転勤とかでどこかに転校しないかな』
あまり現実的とは言えない期待が、
『事故に合って入院しないかな』
『死なないかな』
と変わっていくのに時間はあまりかからなかった。

結局先輩は、転校もせず事故にも合わず、
引退するまでいじめは続いたけれど、
今思うと、よく耐えきったなと思う。


たまに聞くのが、
反抗期の時期に家族に抱くうざったさと、
その先にある殺意への変貌。

僕の場合は、
父親は元々ガミガミうるさい人だったから大して印象も変わらなかったし、
母親はなんだかんだで好きだったから、
うざったいとは思ったものの、そこまでひどくはなかったと思う。
「優等生であろう」と、子供ながらに意識していたせいもある。

家族に対して殺意を抱くという気持ちが、
この年になっても未だに分からないのは、
けっこう恵まれた家庭環境の影響かもしれない。


*****


「この通帳の履歴見てみろよ。
月に4、5回、5万ずつ下ろしてるんだ。
これ全部、パチンコに使ってるんだからたまったもんじゃねえよ。
先の長くない年金暮らし、収入はせいぜい月5、6万だろ?
なのに毎月こんなに使ってちゃあいくら金があっても足りねえ。

今は俺が家業継いでるから小遣いやってるんだけどよ、
いくらやってると思う?30万だよ、30万。月に30万。
そんだけやってたら貯金なんてとてもできねえし、
その金が全部パチンコに消えるんじゃあやってらんねえよ。
最近は旅行にもちょくちょく行ってるみてえだけど、
旅行の間はパチンコやらねえだろうからその方が安上がりだな。ははっ。

あっちは毎日遊んで暮らしてよ、こっちはヒイヒイ息切らして仕事してよ、
先行き短い年寄りを養う方の気持ちにもなってみろって言いてえよ。
今やただの金食い虫だな。金食い虫。
育ててもらったとか血が繋がってるとか関係ねえ、
あんな金ばっかりかかる親なら」
 

そこで一呼吸置いて、


「死んでもらった方がいい」

憎々しげに男はそう言った。

Edit 19:45 | Trackback : 0 | Comment : 2 | Top

 

プロフィール

 

小室

Author:小室
・天鳳ID
女子更衣室(七段)

天鳳について、
配信について、
その他思ったことについて、
脈絡なく思うままに綴ります。

 

Twitter

 

 

最新コメント

 
 

最新記事

 
 

月別アーカイブ

 
 

カテゴリ

 
 

リンク

 
 

FC2カウンター

 

 

検索フォーム

 

 

QRコード

 

QRコード

 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。