天鳳プレーヤー及びLivetube動画配信者の小室が色々と。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Edit --:-- | Top

卓画。

課金版天鳳の楽しみと言えば、卓画のカスタマイズですね。
月刊ネット麻雀アンコロキングさんのブログで公開されている、
ハイクオリティな卓画を利用している方も多いのではないでしょうか。


かくいう自分はオリジナル卓画(壁紙)を使用しています。
何切る記事の背景などですでにご存じかと思いますが、

つの麻壁紙JK

これですね。


元々の雛型は、
最近なりを潜めてしまった配信者、よっちさんの為にリスナーの方が作ったものです。
文字が一切書かれていない、カスタマイズ用の画像に手を加えました。
もうLivetubeにはいないかもしれませんが、
作者の方には感謝してもしきれません。

20100606壁紙紹介用1
一盃口への愛を忘れぬよう、常に見えるよう配置されたポリシー。

「『女子更衣室』なんてデカデカと書いちゃって・・・親に見られたらどうするの?」
という声を時々耳にしますが、

20100606壁紙紹介用2
この通り、自分の前に山が残ればキレイに隠れる親切設計(運の要素大)。

最初に紹介した雀卓ベースの卓画を利用したい気持ちもあるんですが、
平凡レベルの天鳳配信者である自分の数少ない自己表現としてこの卓画ははずせない、
と頑なに使い続けています。
なんだかんだで気に入っている、という点も大きいですね。


そんなわけで、
親に見られて怪訝な顔をされるリスクを背負いながら、
今日も特上左4を予約する仕事を始めます。
正直心臓に悪い。

Edit 20:42 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

Twitter。

今更感が否めませんが、
Twitterでけっこうつぶやいています。
せっかくなので、サイドバーに表示させてみました。
眺めていると生活サイクルとか生態とかが分かるかも知れません。


基本的には配信絡みや天鳳絡みの知り合いなどをフォローしていますが、
気がつくと「誰・・・?」な感じの方にフォローされていて面白いです。

茨城空港オフの実況をTwitterで行った直後に、
数人の茨城在住の方からフォローされていた時は驚きました。
つぶやき内容の検索から飛んでくる人がけっこういるのかもしれませんね。

***

今日の天鳳は我慢の連続。
南入までもつれてのラスが2回あって精神的に堪えました。
原点付近をフラフラする生活がしばらく続きそうです。

Edit 03:46 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

どうする。

ここ最近頻繁に打っていることもあり、
ブログのネタにできそうな局面にしばしば遭遇します。

20100529何切る

東1局0本場。
上家の不穏な気配を感じ萬子を絞っていたら親からリーチ。
四索暗刻落としで逃げ回っていたものの、終盤に来ていよいよ手詰まり。
さて、どうしましょう。

生牌の中は危険な香りがプンプンするので切りたくありません。
よって、萬子のどれが安全かを考えることになりますが、
壁とスジを頼りにすると五萬七萬の二択に。

どちらが安全なのかは正直分かりませんが、
放銃時の五萬赤のリスクと、自分で2枚持っているという点、
また、中単騎でテンパイがキープできる点から七萬切りを選択しました。


しかし、対局終了後に牌譜を見ていてふと思い至ったのが、
六萬をカンして安牌引きに賭ける、という選択肢。
嶺上牌が萬子と生きてる字牌以外であれば、現状の手牌より安全度は高いはず。
鳴きが入らなければこれが最終ツモですし、
カンによる他家の打点向上リスクもそれほど高くはないでしょう。
カンドラが親にモロ乗ってツモられても、自分が放銃するよりはマシです。
萬子なり生きてる字牌なりを引いてしまったら目を瞑って五萬七萬を切ることになりますが、
素直に萬子に手をかけるならば、
眠っている王牌に一度救いを求めてみるという選択はけっこうアリなんじゃないかなと。


ちなみに、素直に七萬に手をかけた結果はというと、
20100529何切る結果
16000点くらい持ってかれました、はい。

Edit 20:34 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

かれこれ。

ブランク半年くらいでしょうか。お久しぶりです。


この半年で起きたこと(天鳳関連)をまとめると、

・五段に降段
・天鳳駅伝走者として参加
・六段に復帰

いささか簡潔すぎる気もしますが、主だった出来事はこのくらいでしょうか。


ここ最近は、天鳳に対するモチベーションが高い位置で維持されており、
仕事から帰ってきては数戦打つ生活が続いています。

5月の特東対戦数は186戦、
おそらく今までで一番多く打った月でした。

2010年5月成績

順位率で見ると「2>3>1>4」と、天鳳的にはかなりおいしい結果です。
因みに、5月における和了率及び放銃率は、
和了率:.206
放銃率:.096
となっています。

押し引きの基準やリーチ判断において、
以前よりシビア、というよりチキンになった感があります。
他家の鳴きに対してのオリ判断が早くなり、
果敢にリーチしていた手をダマるようになり。

その影響か、ラス率は確かに減っていますが、その分トップも少ない。
天鳳のptシステムからすればいい傾向なのかもしれませんが、
自分の麻雀じゃないような気がして複雑な心境ではあります。
このスタイルを維持するのか、あるいは元に戻すのか、
自分自身と相談する生活が続きそうです。


今年も6月に入り、2010年の折り返し地点はもうすぐ。
月日の早さを感じながら、今日もまた特東左4を予約する仕事を始めます。

Edit 21:15 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

 

プロフィール

 

小室

Author:小室
・天鳳ID
女子更衣室(七段)

天鳳について、
配信について、
その他思ったことについて、
脈絡なく思うままに綴ります。

 

Twitter

 

 

最新コメント

 
 

最新記事

 
 

月別アーカイブ

 
 

カテゴリ

 
 

リンク

 
 

FC2カウンター

 

 

検索フォーム

 

 

QRコード

 

QRコード

 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。