天鳳プレーヤー及びLivetube動画配信者の小室が色々と。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Edit --:-- | Top

ラス回避への選択。

20110520リーチ判断
厳しい状況のラス目で迎えたオーラスも佳境。
なんとかテンパイしたものの・・・。

「8s切りリーチ」
「8s切りダマ」
「78m切りで回る」

おそらく選択肢としてはこの辺りでしょうか。


テンパイに取る場合、69mは残り4枚。
6mは1枚しかなく、望み薄です。
そして和了り目のありそうな9mは、ダマテンの場合倒すことができません(ラス確になる為)。
ダマに構える場合、和了りを目指すというよりも、親の連荘を期待する一手となります。

リーチをかけた場合は、9mでも裏1期待で倒すことができます。
萬子の安さからすると、山にいる可能性は十分ありそうです。
しかし、自分でツモった場合が困りもの。
満ツモでは親に届かず、下家も3万点を割らずラス確となります。
9mツモを仮定すると、この順子メインの手で裏裏での跳満期待はちょっと辛い。
他家がリーチに対して突っ込んでくるかどうかがポイントになるでしょうか。

そもそも、この終盤の煮詰まった状況でソウズが通るのかという問題もあります。
78mを切り、ソウズの伸びに期待するのもありかもしれません。



配信中に遭遇して、コメント欄で議論となったこの牌姿。
リーチでの出和了り期待&一発ツモ裏期待がちょっと優勢でしたが、
果たしてどうするべきでしょうか。
スポンサーサイト

Edit 21:46 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

 

Comment

 
 






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

 

Trackback

 
 
http://jkkomuro.blog61.fc2.com/tb.php/52-23822fc6
 

プロフィール

 

小室

Author:小室
・天鳳ID
女子更衣室(七段)

天鳳について、
配信について、
その他思ったことについて、
脈絡なく思うままに綴ります。

 

Twitter

 

 

最新コメント

 
 

最新記事

 
 

月別アーカイブ

 
 

カテゴリ

 
 

リンク

 
 

FC2カウンター

 

 

検索フォーム

 

 

QRコード

 

QRコード

 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。